椎間板ヘルニアの治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)として、電気治療が使われていますが、一体どのような治療法なのでしょうか? 電気治療とは、その名前の通り、体に弱い電気を流して、治療を行うというものです。 電気を体に流す事によって、固まっている筋肉をほぐし、血液の流れを改善する事ができます。 血液の流れが改善されてると、椎間板ヘルニア(遺伝的な要素も原因の一つとして考えられているそうです)の痛みを起こしている原因物質を押し流すことができるため、痛みが和らぐでしょう。 また、電気を体に流すと知覚神経が刺激されるので、痛みの感覚を脳に伝えにくくできますよね。 これが電気治療により、椎間板ヘルニア(?痛の原因の一つとしてとても有名ですよね)が改善するメカニズムです。 ただ、電気治療を受けたからといって、一回で良くなるわけではなく、長期間続けないといけません。 痛みが強い場合は、最低でも一ヵ月程度は毎日受けて下さい。 それに、電気治療によって絶対に椎間板ヘルニア(人間以外の動物も発症することがあるのだとか)が改善するとは限りません。 人によってはさほど効果が現われない場合もあるので、個人差があると思った方がいいでしょうねー